クレジットカード比較ネットTOP > カードローン・キャッシング

クレジットカードのカードローン・キャッシング

クレジットカードの「キャッシング」と「カードローン」の違い

クレジットカード会社では、「キャッシング」と「カードローン」は意味が少し違います。どちらもATMやCD機または直接窓口から、カードを用いてお金の借入れや返済ができる消費者ローンのことを指します。通常、決められた利用限度額の範囲内で繰り返し借入れすることができます。

◆キャッシング

翌月などに一括返済が基本。金利はカードローンに比べやや高めだが、日割り計算なので、短期で返済できれば支払いが少なく済む。

◆カードローン

あらかじめ定めた一定の金額を毎月返済する、リボルビング払い(リボ払い)のような返済方法。返済期間が長いので金利はキャッシングに比べ低め。

※会社によっても「キャッシング」の言葉の意味が異なる場合があるので、キャッシングでリボ払いができるところもあります。また、カードによってはお金に余裕ができたときにまとめて多めに返済できる自由返済(フレックス返済)ができるところもあります。

それから、クレジットカード会社には、キャッシングやカードローン以外に「多目的ローン」「フリーローン」「融資ローン」などという名称で、クレジットカードの枠とは別に借入れできるところもあります(別途申込みが必要)。

キャッシングとカードローンの使い分けのポイント

キャッシング:比較的小額で、短期的・一時的なつなぎなどの目的で借りる場合に。
カードローン:比較的多額で、毎月返済できる金額が限られている場合に。

キャッシング・カードローンの利用可能枠(限度額)について

クレジットカードは、契約時に会員ごとに利用可能枠が設定されます。毎月送られてくるカードの利用明細書に「カードご利用可能枠」や「キャッシングご利用可能枠」「カードローンご利用可能枠」などと表示されています。

キャッシングやカードローンの利用限度額については、通常のカード利用分と合算で枠が設定されるところと、通常のカード利用可能枠とは別に、キャッシングやカードローンの利用可能枠が設定されるところもあります。

また、同じカード会社のカードを何枚も持っていても限度額はその合計ではなく、持っているカードのうち一番高い金額が限度額となります。


※当サイトでは、「キャッシング」でリボ払いが可能なクレジットカードについては、「カードローン」の項目で金利を表示している場合があります。
※金利、サービスその他は利用前にご自身でよくご確認ください。

>>低金利キャッシング比較(消費者金融・銀行系ローンなど)