クレジットカード比較ネットTOP > 付帯保険(海外旅行・国内旅行保険)

付帯保険について

付帯保険とは、クレジットカードを持っていることで適用となる保険のことで、海外旅行のときに傷害保険がついていたり、カードで買い物をしたときの物品が破損・盗難にあった場合などに補償される保険などです。

ただし注意しなくてはならない点が1つ。
それは旅行保険の場合、付帯保険が「自動付帯」か「利用付帯」か、ということです。

自動付帯とは、その名の通り、持っているだけで保険が適用となるもの。
利用付帯とは、旅行代金(の一部)をそのカードで支払いした場合に初めて適用となるものです。

 ⇒年会費無料で海外旅行付帯保険つきのカード一覧

海外旅行傷害保険

海外旅行中に、傷害死亡・後遺障害・傷害治療などがあった場合に、最高1000〜5000万円程度の保障が受けられる保険。病気やケガの種類などの適応範囲は各カードにより異なります。

国内旅行傷害保険

国内旅行中の病気・ケガを補償する保険。傷害死亡・後遺障害などで最高1000〜2000万円程度の保障が受けられます。病気やケガの種類などの適応範囲は各カードにより異なります。

ショッピング保険

クレジットカードで購入した物品が盗難・破損・紛失にあった場合に補償される保険。最高50〜100万円程度の補償が受けられます。なお、海外でのショッピングの場合のみなど、カード会社により補償内容が異なります。

■クレジットカード基礎知識
クレジットカードとは
カード会社の種類
付帯保険について
支払い方法
国際ブランドについて
一般カードとゴールドカード